関節症性乾癬とは?

  • 関節症性乾癬は、皮膚に症状があらわれる「乾癬」と関節に症状があらわれる「関節炎」を併せ持った病気です。
  • 乾癬では、ひじやひざ、頭皮などに、ぽろぽろと剥がれ落ちる、厚い角質を伴った紅斑ができ、良くなったり悪くなったりを繰り返します。
  • 一方、関節炎では、手足の指先の関節や、足裏やかかとあたりに痛みや腫れ、首や背中にこわばり感などがみられます。
  • 多くの患者さんは、はじめに皮膚症状から発症し、数か月から数年にかけて関節に痛みがおこりますが、関節症状のみの方や同時に症状が起こる方もみられます。
乾癬
炎症をともなう紅斑に、角質が厚く盛り上がり、皮膚のかけらがポロポロと剥がれおちます。かゆみを伴うこともあります。
関節炎
手足の指先、かかとや足裏の腱のあたりの痛みや腫れ。首や背中のこわばり、痛みなど。爪の点状の凸凹によって気づかれることもあります。

関節症性乾癬の症状

関節症性乾癬には、皮膚や関節の症状のほか様々な特徴があります。

詳しくはこちら

関節症性乾癬の原因

正確な原因はわかっておりませんが、さまざまな要因が免疫に異常を起こすことによって発症すると考えられています。

詳しくはこちら

関節症性乾癬の診断

皮膚症状(乾癬)の検査に加えて、画像検査、血液検査などにより関節症性乾癬と診断します。

詳しくはこちら

関節症性乾癬の治療

関節症性乾癬の主な薬物治療について紹介します。

詳しくはこちら

関節症性乾癬について

関節症性乾癬は、皮膚の症状(乾癬)と関節に腫れや痛みをともなう病気です。

詳しくはこちら

病院検索

関節症性乾癬の相談が出来る病院検索はこちらです。

詳しくはこちら