症状
原因
診断
治療

関節症性乾癬の症状

関節症性乾癬では、どういった症状が起こりますか?

  • 多くの患者さんは、はじめに皮膚症状から発症し、数か月から数年にかけて関節に痛みがおこりますが、関節症状のみの方や同時に症状が起こる方もみられます。
  • 皮膚症状(乾癬)とは関係が無いように思える症状でも、実は、関連している可能性があります。

主な症状

 

皮膚症状(皮疹ひしん

ひじやひざ、頭皮などのこすれる部位に起こりやすい

 

爪の変化

点々とした凹みや変形

末梢関節炎まっしょうかんせつえん

手や足の指先の関節に腫れや痛みが起こります

脊椎炎せきついえん

腰、背中、首すじの痛み

指炎しえん

指全体の腫れと痛み

付着部炎ふちゃくぶえん

首、足首やかかと、足裏の腫れや痛み

関節症性乾癬について

関節症性乾癬は、皮膚の症状(乾癬)と関節に腫れや痛みをともなう病気です。

詳しくはこちら

病院検索

関節症性乾癬の相談が出来る病院検索はこちらです。

詳しくはこちら