症状
原因
診断
治療

関節症性乾癬の診断

どのようにして関節症性乾癬と診断されますか?

  • これまでの経過や家族歴(家族に同じ病気の方がいるかどうか)、乾癬の皮膚症状や関節症状、レントゲンやMRIなどの画像検査、血液検査などにより、総合的に診断します。
  • 特に関節症性乾癬では、血液検査などによって病気の勢い(疾患活動性と呼びます)を測ってもらうことが、今後の治療方針を決めていく上でとても重要です。
  • 正しい診断を受ける為には、関節症性乾癬を専門とする皮膚科、リウマチ科、整形外科への受診をお勧めします。

診察時に医師が確認する主な項目

現在乾癬にかかっている、または過去に乾癬にかかったことがある

指炎(指全体の腫れ)がある、またはあったかどうか

典型的な乾癬の爪病変がある

手足のレントゲンで特徴的な所見がある
(骨に変化が見られる)

リウマチ因子(リウマチ患者で多くみられる血液中のタンパク質)を持っているかどうか

関節症性乾癬について

関節症性乾癬は、皮膚の症状(乾癬)と関節に腫れや痛みをともなう病気です。

詳しくはこちら

病院検索

関節症性乾癬の相談が出来る病院検索はこちらです。

詳しくはこちら